ごあいさつ Greetings

第26回熊本県臨床工学会 開催のご挨拶

ph_fujii
 このたび、「第26回熊本県臨床工学会」を担当させていだくことになりました、熊本総合医療リハビリテーション学院の藤井です。大会テーマを「拡大する臨床工学業務に挑む~望まれる臨床工学技士を目指して~」と題し、2019年6月8日(土)~9日(日)の日程で、熊本市植木文化ホールにて開催いたします。拡大の一途をたどる臨床工学技士の業務にいかに対応するのか、私たちの可能性をどこに見出すのか、そして望まれる臨床工学技士像とは?皆さんと一緒に探っていきたいと思います。
 私が熊本県滅菌業務研究会のお世話もさせていただいておりますので、「第290回熊本県滅菌消毒法講座」を同時開催することにいたしました。院内のSUD製品を含む医療機器の管理と感染対策は切っても切れない関係にあり、この機会に臨床工学技士と滅菌技師/士の皆さんには相互理解と連携を深めていただきたいと思います。特に最先端の技術を用いた医療機器は、その洗浄・滅菌・保管を含めた保守管理には高度な技術と知識が必要であり、養成校卒業後も継続した教育が不可欠です。
 そこで今大会では、機器の保守管理や感染対策はもちろん、臨床工学にもたいへん造詣の深い先生方を講師としてお招きしてご講演いただきます。また単回使用医療機器の再製造や新しい技術を用いた滅菌装置など、最先端の話題も盛り込んでみました。日常の業務から未来へとつながる話まで、どうぞ知的好奇心を刺激して頂き、楽しい時間をお過ごしください。
 最後に、本大会を開催するに当たり、ご支援・ご協力いただきます各企業さまには厚く御礼申し上げると共に、今後もご指導ご鞭撻のほどをお願い申し上げて、開催のご挨拶とさせていただきます。
 
第26回熊本県臨床工学会
大会長 藤井 裕
熊本総合医療リハビリテーション学院 臨床工学学科